毛穴と髪と白髪の構造

毛穴は生まれた時からあります。

 

年齢とともに増えて加齢によって減っていくと思われやすいですが生まれた時から高齢になるまで毛穴の本数は変わりません。

 

もちろん退化して毛穴が小さくなります。

 

毛穴の数は変わらないのですが1つの毛穴から1〜3本生えていて年齢によって髪が多く見える時と1つの毛穴から生えている本数で見え方が変わってきます。

 

髪は年齢によって細くなるので髪の本数によってボリュームなどで見え方が変わってきます。

 

髪の毛は伸びているとき休んでいる周期があり、抜けて新しい髪が生えるサイクルを繰り返しています。

 

髪の毛は毛周期があります。切りそろえても数か月後には毛先が揃っていないのはそのためです。

 

髪の寿命は平均で2年〜6年です。 男女に差があります。

 

男性  2年〜5年

 

女性  4年〜6年

 

毛穴と髪と白髪の構造

生まれた時に髪がある ない は個人差がありますが、3歳までには個人差は少なくなってきます。

 

3歳までの髪には特徴があって水に濡れやすく乾きやすい。

 

脳を守るためとの関係があるようですが 髪の毛内部に空洞が多い特徴を持った髪です。
きしむのに乾くとさらさらしている髪。

 

皮脂も多いので子供用石鹸シャンプーでコンデショナーも要らないほど素晴らしい能力を持っています。

 

10代後半から20代後半までは人生で一番髪が強く 艶も良く 一番優れています。
30代前半からは少しずつ髪から変化してきます。

 

髪の毛は見た目の質感が分かリ始めるのが40代。
同じカラーやパーマなのに痛み出したり。。白髪も出始め。カラーの際地肌も毛穴も変化が始まります。

 

白髪も出始める時期なので頭皮がかゆくなってきたり変化があります。

 

白髪は通常の黒髪に比べて1.2くらい太くなります。

 

髪の内部の変化も始まってきてケラチンの現象などで髪の毛内部空洞が多くなりパサつきや少ない癖が出始めます。

 

毛穴と髪と白髪の構造

地肌は毛根を毛根は髪を支えます。 

 

髪の毛はは「脳を守る」ためです。

 

高温や紫外線から地肌を守ります。

 

雨などで頭が冷えて思考能力を低下しないように防ぎます。

 

雨が降り始めました。髪の表面は水滴に覆われています。髪は一定の間水を弾きます。

 

髪を触ります。一定の水分を弾けなくなると今度はスポンジみたいに吸収を始めます。

 

地肌が濡れるのは最後です。

 

そう 

 

髪は脳を守るため地肌が濡れないように体温が低下しないようにガードするのです。

白髪は通常の髪より1.2倍太くなります。

 

白髪は黒く染色されていないことでケラチンの量も少なくなり癖がでます。
髪の毛内部は空洞化になっている白髪。

 

白髪は残念ながら老化現象の一つなのです。(若年性は例外あります。)
抜くと地肌が荒れ 毛穴が損傷してしまいます。絶対に止めましょう。

 

白髪を染める事になりますが、地肌への影響と髪のダメージがあるので染める時のケアが大切になります。

 

20年前の60代に比べるとカラー剤の変化などで40代からしっかり髪のケアをしておけば髪のパサつき損傷を抑えることが出来ます。

 

最近はカラーをしている60代でも損傷が少ないカラーによってロングやセミロングにして綺麗に保つことが出来るようになりました。

 

ただ地肌の影響は少なからずありますので、地肌に影響の少ないカラーは特におすすめします。

毛穴と髪と白髪の構造

男性は30代から地肌との戦いがはじまります。

 

女性は30代後半から始まります。

 

40代からは髪の老化 退化を遅らせることが大切になります。

 

地肌と毛穴は弱っていくと綺麗な髪を保つことが出来ません。

 

髪が抜ける原因には男女の違いがあります。

 

育毛剤は男女兼用もありますが男性用を女性が使うと逆効果で抜けるものもあります。

 

個別にあったケアは知識ある美容師と毛髪の専門家に相談してみてください。


 
髪の毛って!? 毛穴と髪と白髪構造 白髪が出たぞ 抜ける髪 円形脱毛 フケ シャンプーから日常を見直してみよう